ゲームファン・ドラクエファンを敵に回した作品「ドラゴンクエストユア・ストーリー」のレビュー・感想

映画

公開されたばかりのドラゴンクエストユア・ストーリー、映像がちょっと嫌いではあったけど興味があったので見に行ってきた。

ある意味心に深く残る衝撃的な作品としか言いようがない。

このブログでは、最新作の映画に関しては極力ネタバレを控えてレビューをしているけど、今回見てきた映画「ドラゴンクエストユア・ストーリー」ははっきり言ってひどい。

なんというか、帰りにパンフすら買う気が起こらずに帰ってしまったレベル。

だから躊躇なくネタバレ入れていくので、ネタバレ嫌な人はブラウザバックしてね。

俺はドラクエシリーズが好きで、ドラクエⅤは思い入れが強い作品ではあるんだけど、まさにその思い出をぶち壊すようなやばい作品としか言いようがない。

良く広告とかで「○○好きは絶対にやらないでください、○○すぎて~」というキャッチフレーズがありますが、今回の記事で掲げるキャッチフレーズはまさにこれです。」

「ドラクエ好きは決して見ないでください。貴方の思い出やドラクエの全てをぶち壊されてしまいます。」

比喩でもなんでもなく、これはガチ。

ドラゴンクエストユア・ストーリー全般の評価

前提として、この映画にはファンを殺しにかかっている問題のシーンが1つだけある。

一旦、問題シーンを覗いて総合的に作品を評価してみる。

CMなどで一度は映像を見たことある人は多いかもしれないけど、鳥山明の絵ではなく、少し半端にリアルに寄せた3Dグラフィック。

これは好みの問題だとして、実際の映画見てみると序盤から実機ドラクエ5の映像が使われたり、アニメーションもよく動くし、戦闘シーンも爽快感はあった。

見ててそんなに映像は気にならなかったし、ストーリーは駆け足気味であったり、尺の関係上、不要なキャラを登場させてなかったりする点はあった。

双子が1人だけになってたり、マリアが消えてたりするのはしゃーなしなのかなぁ。

後はリュカ(主人公)の性格がちょっとイメージと違った。

それでも、そこまで原作無視もしてないし、ちょっと文句付けたいところはありつつも、ちゃんとドラクエ知ってる人が作り込んでるんだろうなって印象は受けた。

よくある原作を無視したとんでもない脚本の類ではないと思う。

ドラクエ知らない人が見たらストーリーが駆け足すぎて困惑するかもしれないし、感情移入も難しいかも。

ただ、ドラクエ好きの半数ぐらいは納得するんじゃないかと思う内容だった。

問題のシーンを除いては。

ドラクエファンを殺しに来た問題のシーンとは?

ストーリーはほぼ原作通りではあるけど、マーサは魔界に連れ去られていないちょっとした違いはあった。

最後はゲマと宿命の対決で、親子が協力してとどめを刺す。

だが、ゲマは最後の抵抗でマーサの力を奪い取って強引に魔界の門を開き、ミルドラース復活の危機が訪れる。

そこで、勇者が天空の剣を魔界の門へと投げ込み、魔界の門を封じ込めようとした。

その時、リュカ以外の時が何故か止まる。

そして姿を現す魔王ミルドラースの姿。

しかし、それはよく見る空気魔王ミルドラースの姿ではない。

ドラクエのかけらも何も感じさせない、変な仮面をつけた宇宙人のような姿をしたミルドラース。

ミルドラースは口にする、自分自身が悪意あるコンピュータウイルスであること。

そしてリュカに現実に戻れやら大人になれやら言いたい放題。

突如現れた謎のミルドラースから、この世界の真実が告げられた。

この世界はVRで再現されたドラクエ5の世界であり、主人公になりきって物語を体感することができると。

凍り付く劇場、まさに魔王の特技である「いてつくはどう」を放たれた気分である。

要は今まで見ていた物語は単なるVR世界であるというオチを見せつけ、魔王ミルドラース(厳密には違うけど)はその世界を物理的に破壊しに来たというオチでした。

最終的にはどうにかしてハッピーエンドにはなるんだけど、正直何の意図でこんな設定にしたのかがよくわからない。

確かに予想できない展開ではある。

ちゃんとこのシーンに繋げるための伏線も確かにあった。

伏線ポイントは以下のとおりである。(他にもあるかも?)

伏線ポイント
  • 冒頭から始まるSFC版の映像
  • リュカがちょっと一般人っぽさがあった
  • リュカが花嫁にフローラを選ぼうとしたときの「じこあんじ」のシーン
  • プサンがロボットが出てくる際に言う「今回はそういう設定」という一言
  • マーサが呟く「今回のミルドラース」という一言

唐突ではないといは言えるし、そこまで破城してないと言われればそれまでではある。

ただ、何とも言えないもやもや感が非常に残る。

何故、問題なの?

もしかすると、中には「そうきたかー!」とか「これは読めない展開だった、素晴らしい!」とか、肯定的な意見もあるかもしれない。

でも、ドラクエ好きな俺からすると、なんでわざわざVR設定にしたのか意味が分からないし、ゲーム世界を否定するウイルスの意図もよくわからない。

主人公も結局VRとわかってても、なんとしてでも世界を救うって意思は見せるけど、全然胸が熱くならなかった。

一気にすべてが茶番に見えてしまうからである。

何故ドラクエの世界観に没入していた際に現実へ引き戻すような要素を入れたのか。

確かに衝撃は受ける、でもただそれだけじゃないのか?

他にも似たような設定を入れて、散々叩かれた作品はいっぱいあるというのに。

あえてドラクエと言うビッグタイトルで、こういう芸当をやってのける監督はある意味天才だと思う。

何よりも、このミルドラース云々の一連をシーンを取り除けば本当に綺麗な形で終わった映画であり、もしかすると他のシリーズも映像化するという広がりもあったかもしれない。

こんなぶっ壊し方をしてしまえば、ドラクエシリーズの映像化は二度とないと思う。

これで怒らないファンの人はいるのかな。

俺は心広くて、ある程度受け入れるタイプではあるんだけど、さすがにこのシーンは蛇足にしか感じないし、メッセージ性も何もわからない。

監督はこの映画で何を伝えたかったのか。

ゲームなんて忘れて、現実を大切にしろってこと?

それとも来たるべきVR世界において、VR世界でもキャラクターを大切にしろと言うメッセージ性?

まるでテーマや意図が読めない、ある意味パンフを買って監督のメッセージを読んでみるべきだったかも。

魔王ミルドラースを空気にしたくなかったのでは説

ミルドラースは、よく空気魔王と言われることが多い。

原作をプレイするとわかるし、この映画を見てもよくわかるけど、主人公の宿敵はゲマではあるし、実際ゲマと戦うシーンが一番熱い。

ゲマがラスボスでいいという声が多く、どうしてもミルドラースの影が薄くなってしまう。

しかし、このVR設定を入れて世界の全てを破壊するミルドラースが誕生した。

ある意味、歴代最強の魔王である。

ゲーム世界の設定をなんでもいじれるし、作中でもカラーを切ったり、重力設定を消したりとやりたい放題であった。

悪の根源と言われるゾーマなんて目じゃない、もはや神の域に達した魔王ミルドラースの絶望感は半端ない。

これなら誰の目にもミルドラースのインパクトは残るし、監督はミルドラースが好きだったのでは説が生まれる。

今後ドラクエをプレイするたび、ミルドラースの影におびえることだろう。

エンディング直前に唐突に姿を現し、ゲームの全てを消し去る最強の魔王。

これはミルドラースが空気魔王と言われた結果の逆襲劇かもしれない。

どうしても気になってみたいという方へ

問題のシーンがあるということを心構えしておけば、ある意味耐えられるかもしれないし逆に楽しめるかも。

ただ、個人的にはこんなゲームの世界観ぶっ壊してきた作品にお金出してほしくはないなぁという思い。

どうしても見るんだったらゲマ倒したら帰りましょうね。

その方がすっきりすると思う。

できる限り、ドラクエに思い入れない人が見に行くのが正解かな。

ドラクエ知らない人が楽しめるかどうかはわからないけど。

コメント

タイトルとURLをコピーしました